広島のセフレ掲示板で見つけた美人は撮られると感じる女性だった!?

私とセフレのノゾミ(仮名)は、セックスの前に決まってすることがあります。それは『コスプレしたノゾミの撮影』でして、SNSにアップロードするのもそうですが、もっとも大事なのは『より気持ちよくセックスするための準備』なのです。そう、広島県でセフレを募集出来る掲示板で見つけた女性のノゾミは『撮られると感じる女性』でして、先に撮影会(撮るのは私だけですが)をすることで、とてもエッチな気分になるのです。SNSにはギリギリで消されない画像のみをアップしていますが、実際はすごくエッチな写真も多く、それらは私とノゾミだけで楽しんでいます。

ノゾミと広島のセフレ掲示板で知り合った直後は「すごい美人だなぁ」という感想しかなくて、こういう性癖があるとは知りませんでした。しかし、広島のセフレ掲示板越しで会話を重ねていくことでお互いが希望するプレイなどを話し合うようになり、そこでノゾミが「実は私、撮られると興奮しちゃって…」と教えてくれたのです。実はノゾミ、広島のセフレ掲示板を利用する前の短期間ですが、キャンペーンガールのアルバイトをして多くの男性に撮影されました。あくまでもノゾミは商品を宣伝するだけの立場でしたが、明らかにいやらしい目を向けている人もいて、「こういう人は、撮った写真をどうするんだろう…」と考えたとき、体の奥がうずいたのです。

 

このとき、ノゾミは自分の性癖に気付いてしまい、その欲望を満たすために広島のセフレ掲示板を使い始めました。なお、ノゾミは誰でもOKというわけではなく、『いかにもいい写真を残そうとしているのが分かるように、しっかりとしたカメラを持つ人』と決めており、いわゆる一眼レフを持っていないとダメとのことでした。

 

ちなみに私は旅行に行くとき用に一眼レフを持っていましたので、それをノゾミに話すと歓迎されたのです。普段は風景しか撮影しないカメラがまさかセックスのために役立つなんて、まったく想像していませんでしたね…。

 

ノゾミを撮影するとき、まずは顔を隠して普通の写真を何枚か撮ります。その中でSNSにアップするものを選び終えたらエッチな写真を撮るようになり、スカートをめくってもらったり、おっぱいを露出させたり、これだけで抜けそうなほどの写真を残します。この撮影が終わる頃にはノゾミもアソコを濡らしており、そのままセックスをスタートします。触られずとも濡れてしまうノゾミは本当に撮られることがお好きなようで、「自分の写真で男の人が興奮しているのを想像すると、たまらないの…」といつも楽しそうに話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です