セフレ掲示板で避けたい男性のタイプ

大阪のセフレ掲示板で避けたい男性のタイプは、タダマン狙いの男性です。

ですがセフレとは対等な関係で、お互いにセックスを楽しめなければ意味がありません。

ですがタダマン狙いの男性はそうではありません。

タダで風俗店を利用するような感覚でセフレ掲示板を利用しています。

そのため自分だけが気持ちよければそれでいいと自己満足なセックスをしてきます。


そして自分勝手なのはセックス時だけでなく、自分の都合に合わせて待ち合わせをしてきたり上から目線の態度をとってくる事も少なくありません。

タダだから風俗の代わりにセフレを作るという男性ではなく、むしろ風俗が苦手という男性の方がセフレ向きのいい男だと言えます。

なぜかというと女性をお金で買う事に抵抗を感じていたり、玄人女性は苦手という意識が高いからです。

そのためセフレでも女性に優しく大切に扱ってくれる人が多いと言えます。

セフレ掲示板での関係はセックスのみを行う関係ですが、そもそもセックスをするという事は相手への信頼関係が必要だと言えます。

裸で無防備な格好で密室に2人きりでいる訳です。

相手は乱暴をしたり自分に危害を加えない相手だと信頼出来なければ、本来は体を許すべきではありません。

そういう意味では若い男性は性欲が強くセックスの事しか頭にありません。

そんな状態で女性を思いやる事が出来るのかと言えば難しいと言えるでしょう。

なのでセフレには少し年上の男性の方がセックス経験も豊富で、セックス自体を楽しむ事が出来るのではないでしょうか?

あとセフレ掲示板では嘘をつく男性や詐欺目的な男性も避けなければいけません。

ではどうやって見分ければいいのかというと、メールの内容です。

よく嘘をつく男性は嘘をつく事に抵抗がないので、嘘をついた事自体を覚えていないケースも少なくありません。

なので前回のメールと今回のメールとでは、内容に矛盾が生じたりします。

またその場しのぎの嘘をつくために、即答する事が多く具体的な内容を聞いても答える事が出来ません。

なのでセフレであってもメールのやり取りは相手の人間性を見抜くために必要不可欠だと言えます。

ただし難しいのが詐欺行為を働く男性です。

詐欺行為を働く男性は頭の回転がよく実際に高学歴なケースも少なくありません。

また詐欺行為を働く男性は自分がどのような行動をすれば魅力的に見えるのか理解した上で行動しています。

なのであまりに女性側に都合のいい条件の場合は、ちょっと相手の事を疑ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です